So-net無料ブログ作成
検索選択

【※動画あり】理化学研究所STAP細胞 捏造判断の小保方反論コメント内容 [芸能]

★小保方さん本人にこれまでの研究について説明会見してもらいたい。新たな万能細胞「STAP(スタップ)細胞」の作製成功を発表した英科学誌ネイチャーの論文に多数の疑問点が指摘されている問題で、理化学研究所の調査委員会(委員長、石井俊輔・理研上席研究員)は1日午前、東京都内で会見を開き、研究を主導した小保方晴子・研究ユニットリーダーについて「捏造(ねつぞう)にあたる研究不正行為を行ったと判断した」と発表しました。小保方さんはそれに対して反論のコメントを発表しました。どんな内容なのでしょうか?

2014y04m01d_132224656.jpg

理化学研究所、調査委員会の最終報告発表
☆理化学研究所の調査委員会は二つの実験データ画像に捏造(ねつぞう)、改ざんという意図的な不正があったとする最終報告を発表。 「第3の万能細胞」と世界の注目を集めた研究成果は、明らかな研究不正と結論付けられ不正行為は研究の中心となった理研発生・再生科学総合研究センター(CDB、神戸市)の小保方晴子・研究ユニットリーダーが1人で行ったと判断しました。


「小保方氏は科学的に許容しがたいプロセスによる2枚の異なるデータの切り張りや、条件が異なる実験データの使用など、到底容認できない行為を重ねて行っている」

「研究者としての未熟さだけに帰することのできるものではない」

国内の研究者のコメント
2014y04m01d_123826060.jpg
※不正とされたデータ画像
 
☆先端材料の研究開発に携わる神奈川科学技術アカデミーの研究員、酒井宗寿さん
「STAP細胞の論文が発表され、本当だったらうれしいなと関心を持っていた。国際的な関心事になっただけに、不正があったと認定されて日本の科学技術全般が海外から信頼されなくなるのではないか心配だ。この問題を受けて、手続きにこだわったルールができてしまわないか、危惧している。研究の世界は、一日を争うスピードの時代。日本の科学技術が停滞しかねない」

☆生命科学を専攻する国立大の准教授
「実験ノートが2冊しかなく、別の論文の画像を流用するなど、全くあり得ない行為。他の研究者はデータを出すために必死で実験をしているのに、研究という行為を冒とくしている」

「理研の問題というよりも、研究者としての資質の問題。こういう不正行為がなされ、社会から大きく注目されること自体が生命科学の一研究者としてすごく残念だ」

★『とかげの尻尾切り』『責任を一方的に押し付けられる』という意見もありますが、やったことを客観的に見れば不正としか言いようがない。本人も不服なら事実、証拠をそろえて会見の場で反論すべきなのに、説明もせず不服を言ってるようじゃ話になりません。この問題に関する当事者の態度を見れば逃げ回っている小保方さんは最低の対応をしてるとしかいいようがない。この茶番劇、ゴースト騒動よりはるかに重いです。

☆「STAP論文」 小保方氏の改ざん・ねつ造を認定


解説
☆小保方さんが会見に出ないのは罪を認めたうえで恥さらしをしたくないから会見しないんのでは?そもそも不正じゃないなら会見開けばいいのに…と思います。反論があるならコメントで済ますんじゃなくて都合のいいときは出てきて、都合が悪くなったら出てこないのは卑怯で信用できない。何故ここまで回りは見抜けなかったのか?組織ぐるみとしか思えない。

※スポンサーリンク



小保方晴子さんの反論
2014y04m01d_123908789.jpg

「驚きと憤りの気持ちでいっぱいです。研究不正と認定された2点については、理化学研究所の規定で研究不正の対象外となる悪意のない間違いであるにもかかわらず、改ざん、捏造(ねつぞう)と決めつけられたことはとても承服できません。近日中に理研に不服申し立てをします。このままでは、あたかもSTAP細胞の発見自体が捏造であると誤解されかねず、到底容認できません」

★反論があるならば記者会見を開いて釈明してください。これほど世間をさわがせてそんなことをいうあなたの神経が信じられません。責任のなすり付け合いなんでしょうが小保方さんが雲隠れしてるうちは一方的に責任押し付けられるだけでしょうね。反論したいなら世界中からの批判を浴びる覚悟して表に出てくるしかない。それが嫌ならもう「ほぼ、ただ貼る子」の汚名を被ったままです。

まとめ
☆嘘をつき続けるとそれが本当であると錯覚します。自己顕示欲が強い彼女は何としても自分の地位を
確保したいのでしょう。本人が再現実験すれば、10日もあれば、白黒つきますけど。なのに、本人はなぜそれをしないのでしょう?それは『再現できない』からと考えるのが一番、自然です。小保方さん自身にも責任はあるけど、理研のあきらかなしっぽ切りの姿勢はいただけないですが、紛いなりにも博士課程の教養を身に着けておいて、「UFO見たもん。絶対見たもん。」みたいな反論は笑われるだけ。STAP細胞が存在するとしても、それをもっとも貶めているのはあなたの不誠実な論文です。

※スポンサーリンク




【※動画あり】笑っていいともグランドフィナーレ内容様子【豪華出演者】 [芸能]

★タモリさん、32年間本当にお疲れ様でした。フジテレビ系「笑っていいとも!」が3月31日で32年の歴史に幕を下ろし、同日午後8時から「笑っていいとも!グランドフィナーレ 感謝の超特大号」が生放送されました。感動と涙のグランドフィナーレ内容や様子をお伝えします。出演者も豪華でした!

豪華な出演者のやりとり
2014y04m01d_003615442.jpg

☆インターネット上などで不仲説がささやかれたこともあるダウンタウンととんねるずが共演。不仲説を逆手に取り、笑いをとりました。オープニングの吉永小百合の生中継でのゲスト出演が終わり、明石家さんまが長時間トークを続けた後、ダウンタウンとウッチャンナンチャンが登場。タモリ、さんまらとこの二組がトークを繰り広げる中、とんねるずが「長(なげ)ーよ」(石橋貴明)とクレームを入れながら、番組に参加。これだけでもありえない位に豪華ですね!ダウンタウンの松本人志らに向かい、「長すぎるんだよ」と繰り返した石橋に対し、松本が「ネットが荒れるからやめろ」と制止。松本の慌てっぷりに、さんまが「何?何?」とうれしそうにさらに傷口を広げようと、ツッコミを入れる展開に。スタジオは爆笑問題も入り交じり、収拾がつかない状態に。石橋はネットでの不仲説を逆手に取って「松本が『ネットで(共演は)荒れる』って言うから、ネットで見てみたら、“キーマンは石橋貴明”って書いてあった。だからオレは(爆笑問題の)太田(光)に(いじるように)言ったの」と告白し、不仲説をネタにし、笑いをとりました。まさにお笑い界のバトルロイヤル!とんねるずとダウンタウンという有り得ない共演をはじめ、あれだけの豪華な芸能人が集まり感極まっている姿を見るだけでタモリの凄さを十分認識出来ました

中居正広、涙のスピーチ  
☆番組終盤には、SMAPの仲間・香取慎吾とともに94年4月から20年間レギュラーを務めてきた中居正広がタモリへの感謝の思いをスピーチ。

「バラエティーって残酷で、非常に寂しい」

「94年4月、まだ(SMAPが)有名でもないですし、ジャニーズのアイドルとして知名度も人気もない。マネージャーもついてない。そんなぼくらをレギュラーとして使ってくれて。深く感謝しています」

「バラエティーって残酷なものだと思います。歌の世界にはツアーで最終日があり、ドラマもオールアップ、映画もクランクアップがある。ゴールを仮定して進んでる。でもバラエティーは終わらないところを目指してやるジャンルなのかな」

「オレと香取は何にもできなかった」

★中居さんは3、4年ぐらい前からようやくタモリとご飯を食べられるようになったとそうです、

「お酒を飲んだ時に、タモさんが酔っ払ってたのか、ぼくのこと、優しく抱きしめて、頭なでてくれて、『中居、オレ、お前に感謝してるからな』って言ってくれたのが、すっごくうれしかったです」  

「20年間サボることなく、アルタに通い続けました。『もう成人だから、卒業していいよ』ってタモさんが言ってくれてるような気がします。これからはいいともレギュラーとして、胸張ってやっていきたいと思います」


と涙を目にいっぱい浮かべ笑顔で誓いました。

解説
☆笑っていいともはタモリさんにしかできない番組だったと思います。結局、彼の人となりが笑っていいとものすべてですね!ああいう番組はもう恐らくないと思います。32年間、お疲れ様としか言えません。タモリは、所ジョージやサマーズその他最近はたくさんいる脱力系お笑いの元祖ですね!だから前に出てくる芸人をまとめあげ、これだけ長続きしたんだと思います!長年をともにした関根さんや鶴瓶さんのスピーチも戦友ならではの言葉で ユーモアたっぷりででも 番組とタモリさんへの愛があって彼らにもお疲れさまって言いたいですね。最終回を迎えてタモリさんって改めて本当に偉大だと思いました

※スポンサーリンク



タモリさん 番組スピーチ最後のスピーチ
2014y04m01d_004001796.jpg

☆すいません。すいません、立っていただいて。申し訳ございません。こんなに集まっていただいて、本当にありがとうございました。お忙しい中。

 出演者、スタッフのおかげで32年間、無事やることができまして。まだ感慨というのがないんですね。ちょっとホッとしただけで。来週の火曜日ぐらいから(実感がわいて)くるんじゃないかと思います。

 明日もアルタに行かなきゃなりません。楽屋の整理がありますんで。私物がいっぱいおいてありますんで。

 まー、考えてみれば、気持ちの悪い男でした。こういう番組で、以前の私の姿を見るのは大嫌いなんですよね。何か、こう、気持ち悪い。濡れたしめじみたいな感じ。嫌ーな、ヌメ―っとしたような感じで。本当に嫌でして、私、いまだに自分の番組、見ません。

 また、それで性格が特にひねくれておりましてね。不遜で、生意気で。世の中、ナメくさってるんですね。そのくせ、何にもやったことがないんですけども。

 それがどうしたわけか、横澤プロデューサーから仰せつかりまして、だいたい3カ月か半年ぐらいで終わるんじゃないかと思っていたところが、32年になります。

 生意気なことでやっていたんですけども、その長い間に視聴者の皆さま方がいろんなシチュエーション、いろんな状況、いろんな思いで、ずっと見てきていただいたのが、こっちに伝わりまして、私も変わりまして。何となくタレントとして形をなしたということなんです。

 視聴者の皆さま方から、私にたくさんの価値をつけていただき、またこのみすぼらしい身にたくさんのきれいな衣装を着せていただきました。そしてきょうここで、皆さま方に直接お礼を言う機会がありましたことを感謝したいと思います。32年間、本当にありがとうございました。お世話になりました。

 ――1番したいことは?

 早く酒飲みたいな。

 (オープニングテーマ曲「ウキウキWATCHING」を合唱)

 ありがとうございます(を連発)。それでは、また明日も見てくれるかな?いいとも!ありがとうございました!感謝します。

★みすぼらしい身体にきれいな衣装を…とかすごい謙虚なスピーチでした。大物なのに大物を感じさせない、タモさんの愛される所以なんでしょうね。こういうスピーチを言えるってさすがですね。ありきたりではなく、心がこもっていて、人柄がにじみ出ています。でも、自然で。うらやましいです

☆笑っていいとも最終回グランドフィナーレ動画 ※期間限定


まとめ
☆本当に豪華な最終回でした。犬猿の仲とも言われるような間柄の方々が共演するのは、全てはタモリさんの人柄があってこそ。まさに港のような方です。やっぱり笑っていいともはタモリさんにしか出来ない番組だということが改めてわかりました 。子供の頃から大人になっても続いていた番組がなくなると心の中になくてはならないものがなくなったような気持ち。ただただ寂しい。これから30年以上続く番組はもう無い気がします。最後まで自然体で変に隠すことないところがタモリさんがみんなから好かれた要因だと思います。32年間お疲れさまでした。

※スポンサーリンク




【※動画あり】THE BOOM解散 理由 原因 真相【不仲?体調不良?】 [芸能]

★島唄、風になりたいは名曲でした。解散は寂しいです。ロックバンド「THE BOOM(ザ・ブーム)」が今年12月で活動を終了し、解散することが分かりました。所属事務所が31日に発表し公式サイトでも「ファンの皆様へ」と題した文書を掲載しました。THE BOOMの解散の理由や原因、真相をお伝えします。

2014y03m31d_172842858.jpg

THE BOOMの歴史
☆ 「THE BOOM」は1986年に結成され、原宿・歩行者天国にて約2年間に渡るストリートライブを重ね、1989年にアルバム『A Peacetime Boom』でデビュー。多大なる好奇心と卓越したセンスによって世界をフィールドワークし、自分たちのステージを広げてきた比類なきロックバンド。宮沢和史(Vo)、小林孝至(Gtr)、山川浩正(Bs)、栃木孝夫(Drs)による不動のメンバーで、2014年の今年、デビュー25周年を迎える。

1993年、当初は沖縄県限定で発売した「島唄」が、全国的に150万枚を超える大ヒットを記録。その後も世界各国でカバーされ、今なお広がり続けている。中でも、2001年には、アルゼンチンでアルフレッド・カセーロによる「SHIMAUTA」が同国のグラミー賞にあたる「ガルデル音楽賞」を受賞。翌年のサッカー・ワールドカップで、アルゼンチン代表チームの公式サポートソングとなった。NHK紅白歌合戦にも通算で3回出場している。
2013年、「島唄」発売20周年を記念したドキュメンタリー・ムービーを制作。「第5回沖縄国際映画祭」に出品され、同映画祭のオールエンディングステージでは、大トリを務めた。

デビュー25周年にあたる2014年、長いバンド活動の歴史に幕と閉じることを発表。
25年間の長きに渡って愛され続けてきた、THE BOOM初期の代表曲「星のラブレター」をニュー・レコーディング。デビュー記念日5月21日に、ニュー・シングルとして発売。2013年に開催された全国ツアー「THE BOOM CONCERT TOUR 2013『24』」がライブDVDとして同時発売される。5月21日のデビュー25周年記念日当日には、旧ホコ天すぐそばの東京渋谷公会堂公演を行い、ファンクラブ会員限定イベントを開催することが決定。9月にはTHE BOOMの楽曲の中から、ライブで欠かすことのできない25曲を厳選したヒストリーアルバム『THE BOOM HISTORY ALBUM1989-2014~25 PEACETIME BOOM~』がリリースされる。さらに、12月17日の日本武道館まで、全国14か所を回る全国ツアーの開催が決定しました。


☆ザ・ブーム 島唄 Live



★自然に口ずさめる曲こそ、本当にヒット曲だと思います。たくさんの名曲をありがとうございます。

THE BOOMの解散の理由や原因、真相とは?

2014y03m31d_174932578.jpg

☆マスコミ各社あてのFAXより
「流行に流されることなく、新しく普遍的な音楽を探し求め、

宮沢、小林、山川、栃木はTHE BOOMとして歩んできましたが、

今年5月21日のプロデビュー25周年を目の前にして、ふと立ち止まってみると、

この4人でやれる事、やるべき事は全てやり尽くしたのではないか

という思いが心を支配するようになりました。

そして、その声に頷く自分達がありました。

THE BOOMは2014年12月をもちまして活動を終了し解散いたします。

結成から数えて28年もの間、多くの方々の応援、ご協力があって

ここまで歩いてくることができました。

心より感謝申し上げます。

たくさんの、本当にたくさんの愛とぬくもりに包まれ、

僕たちは日本一幸せなロックバンドでした。」

★メンバーの健康状態も解散原因の一つなのでしょうか?

・ボーカル宮沢和史さんは昨年11月から「頸椎症性神経根症」により歌手活動を一時休止。日常生活を送りながら自然治癒力での回復を目指して治療中。

・今年2 月に1型糖尿病を発症したベース山川浩正さんは、精密検査を経て退院後、バンド活動の再開に向けて体調管理に努めている。

★結成から一度のメンバーチェンジもなく、最後も方向性や人間関係の問題etc.でなく、やり尽くしたから解散。これは本当に幸せなこと。ビートルズですらできなかったんだから。解散は寂しいけれど、悲しい終わり方でないことが救いですね。曲の中では風になりたいが大好きです!音楽、歌詞、ボーカル。勇気をくれる歌でした!

☆ザ・ブーム 風になりたい Live@極東ツアー


解説
☆THE BOOMは星のラブレターから始まって良い曲を提供し続けてくれましたからたち野道や風になりたい、色んな曲が人生とともにありました。今はまだお疲れ様とは言えない、最後まで走り続けて下さい
自分の人生に刻まれてるバンドの解散は悲しいです。ずっと活動していて欲しかったです。何だかんだと長期休止を挟みつつ、長く活動したバンドだから、いつかこんな日が来るのかな?と思いましたが活動休止でフェードアウトじゃなく、きちんと言ってくれた事が嬉しい。沖縄や南米等、ロックテイストに色々なフレーバーを取り入れた、ミクスチャーの元祖と言ってもいいかも知れない。時代に左右されずに自分達を貫くと言う意味で付けた、”BOOM”という名前だけど、結果的に時代を作っていたように思います。

※スポンサーリンク



THE BOOM最後の全国ツアーの日程
『THE BOOM MOOBMENT CLUB TOUR 2014~25 PEACETIME BOOM~』

9月19日(金)兵庫 神戸国際会館こくさいホール
9月21日(日)大阪 フェスティバルホール
10月5日(日)山梨 コラニー文化ホール 大ホール
10月11日(土)東京 渋谷公会堂
10月19日(日)神奈川 神奈川芸術劇場
10月23日(木)北海道 札幌市教育文化会館
10月26日(日)宮城 仙台電力ホール
11月02日(日)沖縄 那覇市民会館 大ホール
11月16日(日)愛知 名古屋地区
11月18日(火)香川 アルファあなぶき小ホール
11月22日(土)千葉 千葉県文化会館
11月24日(月・祝)福岡 福岡市民会館
11月29日(土)広島 広島アステールプラザ 大ホール  
12月17日(水)東京 日本武道館

まとめ
☆まだ9ヶ月もあるのにそんなに発表焦んなくてもいいんじゃないかと思いましたが時間をかけて最後に向けて走りたい本人達の思いと最後にもう一商売打ちたい関係者の思惑が絡んでいるので早めの発表なんだと思います。メンバーの健康問題もあるのでしょうね。大好きでライブに行き、CDを聴いていた本当のファンにとっては衝撃ですね。四人揃っては無理かもしれませんが、それぞれのペースで、それぞれのファンの前でまたいつか音楽活動を見せられる日が来るといいですね。まずは病み上がり・ご病気中のメンバーはお大事に。しっかり直して下さい。

※スポンサーリンク




神速注目トレンド情報

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。